FC2ブログ

記事一覧

アオアシ 何故、主人公青井葦人はSBなのか解説します。

はじめまして9人目です。

今日はビックコミックスピリッツ連載中「アオアシ」について語ります。



アオアシとは


サッカーJリーグユースを舞台にした本格王道スポーツ漫画。サッカーを通じて主人公青井葦人が成長していく様子を「努力」「友情」「勝利」とジャンプの3本柱に加え、「サッカーの専門性」「綿密な心理描写」など独自の特色を併せて表現しています。


青井葦人とは


本作の主人公。「全盛期のロナウドの生まれ変わり」と自称する。FW点を取ることに強いこだわりを持つ典型的な自己中心型なワンマンプレーヤー。その反面、支えてくれるチームメイトや家族に感謝の心を忘れていない憎めない性格。「試合が勝ったら俺のおかげ、試合に負けたら俺のせい」というTHE主人公です。
サッカー選手として技術、身体能力と突出したものはないが「なぜかボールを拾う」という特殊能力を持っていました。その能力の本質は常人では考えられないほどの「視野」の広さです。葦人のこの能力は世界でも希少な圧倒的な才能です。


FWからSBへの変更の意図とは(FWではダメな理由)


FWには様々な役割があります。
おおまかに「点を取る」「自身が囮となりスペースを作る」「ポストプレー」「前線から守備をする」「外に広がりチャンスメイク」等です。
作中で福田は葦人がFWでない理由を語っています。

足元の技術不足、ボールが収まらない。
この能力の欠如はポストプレー、チャンスメイクができないことを意味します。
アジリティーがない。ショートスプリント力の欠如
この能力の欠如は裏へ飛び出し手抜けだすこともできない。ゴール前で自身で持ち込むこともできない。点を取ることができないことを意味します。

以上の2点から福田は得点への嗅覚は認めるが葦人は全国高校選手権1~3回戦までしか通用しないFWと評価します。


FWからSBへの変更の意図とは(SBが適正である理由)

現代のSBには様々な役割があります。
大まかに「DFとして適切なポジション取り(絞る)」「リスクマネージメントしながら攻撃参加」「攻守両面での1対1の強さ」「サイドからのビルドアップ」等です。
実はサイドバックは攻守両面で総合的な能力を求められます。ブラジルではサッカーが一番うまい人がサイドバックをやるといわれるくらいです。
ここで疑問なのは葦人は体力、スピードなどは及第点ながらもサッカーの技術は拙く総合力は決して高くない所です。それを補う能力はただ一つ圧倒的な視野の広さにあります。
武蔵野戦では適正ポジションがSBである片鱗を見せます。
それは「視野の広さ」「コーチング能力」「司令塔(周囲を動かす)としての資質」です。

サイドからのビルドアップ、攻撃の組み立て
広い視野を活かすことで葦人は選手の次の動きが見えます。それだけでなく相手にとって危険なスペース着く、自分から作り出す、そして周囲にコーチングし自身だけでなくチームとして個人戦術を実行できる能力を持ちます。

DFとして適切なポジショニング
この能力に関してはまだ向上させる必要があります。葦人は「視野」を利用することで危険なスペースを察知する能力を持っています。周囲の選手にコーチングする事でそのスペース、選手を潰す場面は増えていっています。しかし、まだ経験不足から予測をはずしてしまう場面もありますが経験を積むことで解消されていくと思われます。また守備で周囲と連携することで1対1の局面を減らし、数的優位をもって守備体制を整えることができます。


まとめ


これからのSBは個の力でなく、葦人のように集の力を用いることで個の総合力を凌ぐ「司令塔」タイプのSB主流となってきます。実はバイエルンのラーム、レアルのカルバルルはその役割を担っています。2名ともサッカーIQが高く思考力を活かした個人戦術を武器としています。

葦人はそれに加え「視野」を活かすことで「司令塔」能力を向上させ、攻守、全局面で他者を動かし絶対的な影響力を持つ選手になれる素質を感じます。まさに栗林のいう「コンプリートしたSB」です。

これまで攻撃の司令塔は「トップ下」「ボランチ」が担い、守備の司令塔は「センターバック」が担ってきました。故に司令塔=中央のイメージがありました。しかし、現代では中央はマークが厳しくスペースが少ない。それによってより余裕をもって組み立てる中央ではなく外が起点となっています。
そして、外の選手はサイドに貼るだけでなくより中央でプレーするようになりプレーエリアが広大になっています。青井葦人はこれからのSB像の一つのモデルです。






スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

9人目

Author:9人目
どうも、9人目です。

「おすすめ本紹介」
「キャラクター紹介します」
「本の謎、徹底検証」等など

不定期ながら随時更新していきます!!

Twitter始めました @9ninme

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ